採用情報 採用情報

インタビュー インタビュー

青木さん
青木あおき さん
ラフ・クルー星川保育園
保育士
神奈川県出身 2017年入社

理想の男性保育士との出会い。

高校生の頃、部活の友達と進路の話をしていたときに「保育士に向いてるんじゃない?」と言ってもらったことがきっかけで保育士の仕事に初めて興味を持ちました。

その後すぐに母の紹介で、以前に弟の担任だった男性保育士の方とお話する機会をいただき、保育の仕事について具体的に聞くことができたんです。

子どもの成長をすぐそばで見守れることはやりがいで溢れているよといきいき話してくれるその様子がとても魅力的に感じられて、それから本気で保育士を目指すことに決めました。

養成校卒業後、その男性保育士の方が主任として働く保育園に新卒で入社することに(!)。入社1年目は年長児クラスの担任になりましたが、はじめは先輩たちの仕事についていけない場面も多く、年度途中で担当クラスが変更になったことは今でも苦い思い出で、劣等感を感じる日々もありましたね。

悔しくてくじけそうな時期でも、当時の主任の先生はいつも励まし支えてくれました。その先生が保育中に子ども一人ひとりに目線を合わせて丁寧に接する姿は本当に理想的で、自分にとっては今も目標の保育士です。

挫折を乗り越えて、
卒園児を見送れたことが大きな自信に。

保育士3年目を迎えた時期、一人暮らしの希望もあり、宿舎借上げ制度をおこなっている横浜市内で転職先を探していました。ラフ・クルー星川保育園は面接に来た際の園内の雰囲気がよく、園長先生の話しやすい人柄にも惹かれて入社を決めました。

実は星川保育園でも入社1年目に年長児クラスの担任を任されました。前職で挫折感を味わった年児なので正直不安だらけでしたが、担任クラスの発表のときに「自分にとって初めての卒園児は一生ものだよ」と園長から声をかけてもらったことは今でも心に残っていて、その言葉を胸に、楽しくガムシャラに取り組めたと思っています。

それまで苦手だったピアノ演奏も、コツコツ練習を積み重ねることで本番までに納得のいく準備ができるようになったことも成長できた実感がありましたね。周りの方たちに助けてもらいながらも3月まで無事に年長児の担任を務められ、自分にとって初めての卒園児を担任として見送れたことは大きな自信になりました。

「人」が魅力的な職場で、
子ども主体の保育を学び実践していく。

星川保育園に入社してからずっと、一緒に働く人たちを魅力的に感じています。優しい人ばかりですし、何よりベテランの先輩方がとても気さくで、率先して働きやすい環境づくりをしてくれるので感謝しています。

みんな保育中はプロとして子ども第一を徹底して動きながら、休憩室ではにぎやかに過ごしている部分もメリハリが効いていて気に入っています。

行事の内容も子ども主体を大切にし、子どもたちが考えたことや子ども同士のやりとりの中で生まれたものを取り入れています。大人が決めたことを押し付けず、子どもの気持ちや創造力を尊重する保育に触れたことで、それまで自分が無意識に保護者の目線を気にしていたり、大人都合で考えたりしていたことに気付かされましたね。

今年度は4年ぶり(入社1年目以来)に年長児クラスの担任となりました。心新たに、子どもたちや保護者の方々とイチから関係構築をしている最中です。子どもと日々懸命に向き合いながら、お子さんたちを一番近くで見守っている保護者の方々にも、子どもの成長していく姿を通して少しずつ信頼していただけるようにひたむきにやっていきます。

吉田さん
吉田さん
ラフ・クルー星川保育園
施設長
波田野さん
波田野さん
らふ・くるーまむ
家庭的保育支援者
辻口さん
辻口さん
ラフ・クルー元町保育園
保育士
佐々木さん
佐々木さん
ラフ・クルー分倍河原保育園 分園
保育士
鈴木さん
鈴木さん
ラフ・クルー烏山保育園
保育士
齋藤さん
齋藤さん
ラフ・クルー大泉保育園
保育士
青木さん
青木さん
ラフ・クルー星川保育園
保育士